風邪は、一般的に空気中に浮遊しているウイルス等が鼻や喉から入り、鼻や喉の粘膜で増殖して炎症を起こすことから発症します。しかし、炎症が喉まで広がると咳等の症状が出たり、炎症が鼻の粘膜でも起きると、鼻みずや鼻づまりの症状が出たりするのです。

こちらは、喉が辛い時に服用すると良いパブロンメディカルTで、喉の痛み等を鎮める成分イブプロフェンと、荒れた喉を綺麗に清浄・修復する成分を2つ配合しているのです。

パブロンメディカルCは咳が辛い時に服用できますし、パブロンメディカルNは鼻が辛い時に服用できますので、症状に合わせて服用すると良いのです。

服用方法は、1回2錠、1日3回すればいいだけですが、副作用が出てしまった場合は、薬剤師等にご相談くださいませ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る