風邪をひいたときに私はもっとも辛いと感じてしまうのが喉の痛みで・・・喉の痛みは飲食のときやツバを飲み込むときにも治るまで常につきまとってしまう嫌なものですよね(泣)

喉の痛みは患部の粘膜に異常が起こるとプラスミンという物質が産生され、患部に集まってきてしまいプラスミンが炎症を起こす物質や痛みを起こす物質を発生させてしまうため、患部が腫れ痛みが発生するのです。

ぺラックT錠は、配合されたトラネキサム酸という成分がこのプラスミンの産生を抑え続いて発生する炎症や痛みを起こす物質も抑えられるため、炎症や痛みを緩和してくれます。
よくある15歳以上からの薬と違い、対象も7歳以上から服用することができるためお子さんにもすすめることができるので良いですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る